映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

99%の制作会社はサービス力を磨け!

スポンサードリンク

f:id:creppy:20170918151637j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

私は普段、ソシャゲ用イラスト制作を行うベンチャー企業でディレクターを務めております。いわゆる受託の制作会社です。

さて、制作会社はそれこそ大小星の数ほどありますが、最近どうやって他社と差別化するか?ということについて考えるようになりました。

自分で調べるうちに、世の中の99%の制作会社は差別化のためにサービス力を磨くべきだ!という結論に達しました。

今回は、なぜ99%の制作会社はサービス力を磨くべきなのか?ということについて書いていこうと思います。

 

 

企業の差別化の軸は大きく3つ

マーケティング入門書で人気が高い『白いネコはなにをくれた?』によると、企業の差別化には大きく以下の3つの軸があると言われています。

①手軽軸
②商品軸
③密着軸

それぞれ見ていこうと思います。

白いネコは何をくれた?

白いネコは何をくれた?

 

 

①手軽軸

早い、安い、簡単、手軽といったキーワードで差別化する戦略です。スピード・コスト重視であるとも言えます。ファーストフードで例えると、早い・安いをウリとしたマクドナルドや吉野家などが挙げられます。

 

②商品軸

商品やサービスの品質、技術の高さ・新しさで差別化する戦略です。クオリティ重視とも言えます。ファーストフードで例えると、高価格帯の独立系バーガーショップ等が挙げられます。

 

③密着軸

顧客のニーズに徹底的に応える戦略です。サービス力重視とも言えます。ファーストフードで例えると、ユーザーによって野菜の種類や量等をカスタマイズできるサブウェイ等が挙げられます。

 

通常はどこか1つの軸に絞って差別化します。ただ、軸を絞るといっても、他の軸で平均点を担保したうえでの話で、いくら安くてもマズイ店には行かないですよね?

また、手軽軸と商品軸を両立することは難しいですが、商品軸と密着軸は両立可能です。

 

99%の制作会社はサービス力で勝負するしかない

さて、上の3つの軸のどれを取るかという選択をする必要があるのですが、そもそも手軽軸(スピードとコスト)と商品軸(クオリティ)でトップを取るということは、容易ではありません。

マクドナルドは大企業の資本力スケールメリットによる高い生産性や経済効率があるからこそ、低価格戦略を取れるのです。

逆に、商品軸を極めようとすると、どうしてもリソースありきの話になってしまいます。良質な素材や高スキルなスタッフ等がいなければ難しく、それを追求できるだけの企業体力や資金、時間が必要になります。また、どの制作会社もクオリティには自信を持っているので、ある程度のレベルにいくと、大きな差をだすことが難しくなります。

また、手軽軸と商品軸は方向性の違いはあれども、ある程度画一的な評価軸になってしまいます(1番安い価格で制作してくれる会社は1社でしかない)。

 

一方で、密着軸=サービス力は、クライアントの数だけ答えがあります。そのため、他者と同じ土俵で戦う必要がなく、昔の牛丼の低価格戦略のように、競合他者との泥沼の戦いになりにくいです。

また、受託ビジネスはできるだけ安くクオリティの高いモノを作ることを求められますが、それ以上にクライアントのコミュニケーションコストを下げることが重要視されます。極端な話、丸投げでもいい感じにしてくれる制作会社ですね。

私自身外注さんにお願いすることが多いですが、値段とクオリティはもちろん注目しますが、いかにこちらの意図を汲み取ってくれるか、コミュニケーションコストを下げてくれるか、こちらの悩んでいる点をヒアリングして提案してくれるか、といったサービス力はそれ以上に重要視しています。

 

まとめ

制作会社がスピード・コストやクオリティで差別化するのは難しく、ほとんどの制作会社はサービス力で差別化していく必要があると考えています。こちらからどんどん提案できるようなアグレッシブでサービス力の高い制作会社を目指したいですね。

『白いネコは何をくれた?』の作者、佐藤義典さんの本は非常にマーケティングの勉強になるので、オススメです↓

白いネコは何をくれた?

白いネコは何をくれた?

 

 

図解 実戦マーケティング戦略

図解 実戦マーケティング戦略

 
ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ

 

アクション映画とコンテンツビジネスについて呟くよ!