読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

演劇がネットで見放題な動画配信サービス「観劇三昧」が新しいと話題に

SVOD
スポンサードリンク

f:id:creppy:20170211115152p:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

演劇動画を、月額980円で見放題のオンライン観劇サービス「観劇三昧」。スマホやタブレットのアプリなどからオンラインで視聴することができ、登録作品数はすでに全国179劇団575作品を超えているそう。

「演劇版Hulu」とも言われている、ありそうでなかったサービス。詳しく見ていこうと思います。

 

月額980円で全国179劇団575作品が見放題

f:id:creppy:20170211120115p:plain

「観激三昧」では月額980円で全国179劇団575作品がオンラインで見放題になるサービスです。無料で観賞できる作品もあり、「観劇三昧」によって演劇を勉強できる環境が充実したという学校の教師の声もあるそう。

 

また、他のVODサービス同様、トライアル期間として初回1ヶ月は無料で利用することができます。

 【1分でわかるサービス紹介】

youtu.be

今まで、演劇といえば超有名ミュージカルがDVDになっているくらいで、基本は劇場に足を運ぶしか鑑賞する方法がありませんでした。

演技している俳優の息遣いや臨場感、一緒に観劇している観客の反応を感じることが、演劇の醍醐味ですが、演劇を楽しむためには、決められた日時に劇場に足を運ぶ必要があり、地方の方は東京まで行く必要があったり等、様々な制約がありました。

それを解決するのが「観激三昧」です。

 

再生回数によって利益を分配するシステム

f:id:creppy:20170211121852p:plain

※PCでの再生画面。無料作品は会員登録なしで冒頭3分間観賞できる

「観劇三昧」では、劇団側には、配信費用の負担は発生せず、サービス利用料の利益に対し7割を再生回数に応じて分配する仕組み。そのため、劇団の公演がない期間にも収益が発生し、現在では、観劇三昧経由で月十万円ほどの収益を得ている劇団もあるそう。

劇団側としては、費用の負担なしに宣伝することができ、人気作品ともなれば収益も発生するという素晴らしいシステムになっています。

 

ダウンロード機能やレビュー機能も搭載

f:id:creppy:20170211122603p:plain

※デバイス別機能一覧

細かい機能も充実していて、アプリ版にはダウンロード機能、PC版にはレビュー機能が搭載されています。

また、SNS機能でTwitterやFacebookでコメント投稿することができるほか、観劇した作品の感想や評価を投稿しシェアし合うこともできます。

 

最近では、NTT西日本と連携し、「観劇三昧」視聴用の端末「観劇三昧TV」を発売しました。

f:id:creppy:20170211123109p:plain

 観劇三昧TVは、ChromecastやAmazon Fire TVと同様に端末とTVをHDMI端子でつなぎ、ネット接続するだけでテレビの大画面で観劇を視聴できるもので、「観劇三昧TV」用の作品はすべて高画質なため、自宅で簡単に高画質な作品を観賞することができます。

 

演劇を広めようとする様々な取り組みも実施中

f:id:creppy:20170211123949p:plain

また、演劇を広めるための様々な取り組みを行っていて、お勧め作品を紹介してくれるスタッフブログや、大阪や東京には演劇グッズを販売する店舗も運営しています。

演劇.jp | いつも暮らしに演劇を

演劇グッズ専門店:下北沢店・大阪日本橋店「観劇三昧」

 

さらには、劇団のチケット販売支援として、事前決済を推し進めて劇団の収益構造を安定化させることができるよう、観客のチケット手数料を0円とする電子チケットサービス「演劇パス」もリリースしました。

演劇の予約が簡単に。演劇向け電子チケットサービス「演劇パス」

 

小劇場の演劇を観る際には、来場予定の日時をメールや専用フォームで予約し、当日の受付で現金によりチケット代を精算する「当日精算」が主流です。

当日精算は、当日まで本当にお客様が来られるかが判らないため、当日キャンセルや架空予約などのリスクは、すべて劇団が負うことになります。

しかし、観客のチケット手数料を0円とする電子チケットサービスが普及すれば、劇団側は当日キャンセルのリスクを軽減することができます。

 

このように、動画配信サービスだけではなく、演劇を広めるための様々な取り組みを行っています。

まとめ

・月額980円で演劇が観賞し放題なサービス
・無料トライアルや無料作品もある
・劇団側は費用を負担せず、再生回数によって収益をゲットできる
・ダウンロード機能、レビュー機能も搭載