読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

【レビュー】「君の名は。」の感想とヒットの要因を分析してみた

スポンサードリンク

f:id:creppy:20170104214033j:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

興行収入200億円を突破した話題作「君の名は。」を見てきました。その感想となぜここまでヒットしたかを分析していこうと思います。

 

新海監督らしからぬエンタメど真ん中でピュアなラブストーリー

f:id:creppy:20170104215207j:plain

とにかく映像が綺麗!全く退屈させない秀作でした。新海監督の特徴であるポエティックでジメッとした感じは全くなく、ユーモアも交えられた王道エンタメでピュアなラブストーリーでした。

 

作画監督には元スタジオジブリで「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」で作画監督を務めた安藤雅司さん、キャラデザには「とらドラ」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でキャラデザを務めた田中将賀さん、背景は新海監督、そして音楽はRADWINPSというだけあって、非常にクオリティが高かったです。

 

ただ、複数回見に行くかと言われると、うーんという感じです。ストーリーに伏線が張られていますが、回収はDVDでよいかな、という印象です。

ヒットの要因は大きく3つ

f:id:creppy:20170104223539j:plain

ヒットの要因としては、もちろん宣伝やSNSの影響は無視できませんが、あえて今回は作品の内容にだけポイントを絞って考えていきます。

①若年層にアプローチできるピュアなラブストーリー

近年、少女マンガの実写化は若年層、特に他の層よりもSNSへ発信するとされている若い女性層に大人気で、「ちはやふる」「ストロボ・エッジ」等数十億の大ヒットをあげており、現在注目すべきジャンルとなっています。

「君の名は。」は少女マンガ的なピュアなラブストーリーであるため、若い女性層にアプローチできたこと、加えて、アニメであることと、RADWINPSの曲の存在が、少女マンガ実写化の作品ではアプローチできない男性客も惹きつけたのではないかと考えられます。

また新海監督の作品は、ラストがモヤっとする作品が多く、見た後に損した気分になるとも言われていましたが、「君の名は。」ではハッピーエンドにしたことも、大きなポイントかなと思います。

 

②美しい背景描写とモノローグの削減

「君の名は。」までの新海監督作品の特徴としては、①人と人との距離を繊細に描く②美しい背景描写③大量に挿入されるポエティックなモノローグの3つがあります。

①②に関しては非常に評価が高く、特に②に関しては、美しいビジュアルは予告編やSNS等でも非常に目を引く存在になるため、情報の拡散にも貢献したと考えられます。

③に関しては実は「ポエティックすぎて気恥ずかしい」「ウジウジしてイラつく」等否定意見も少なくありません。そのため、若い男性層に代表される一部のユーザーからは高く評価されていましたが、女性層には上手くアプローチできていませんでした。

しかし、「君の名は。」では、①②の新海監督の特徴を十分に生かしつつ、賛否両論あったポエティックなモノローグを大幅に削減しました。それによって、新海監督のオリジナリティは残しつつ、よりエンタメ色の強く、幅広い層にアプローチできる作品になったのではないかと考えています。

 

③RADWINPSの曲とMAD風演出

新海監督はあるインタビューで、RADWINPSの曲がストーリーにも影響していたと語っています。

今回音楽はすごく大きな要素だったので、彼らの疾走感というものが物語に出ています。例えば主人公の2人がお互いにスマホでやりとりをするだけではなくて、体に何かを書くというコミュニケーションは最初の脚本では無かったんです。RADWIMPSからあがってきた曲を聴いていたら、勢い的にスマホだけじゃおさまらずもっと外側に刻み付けるような行為をやらないとこの絵に音楽が乗らないという気持ちにさせられて、シナリオが変わっていきました。

www.sensors.jp

そのため、RADWINPSの曲と演出が非常に高いレベルでシンクロしていて、劇中では凄まじい盛り上がりを見せてくれます。

 

また、「君の名は。」ではアニメでは前例のあまりない、RADWINPSの曲を全面に出したMADムービー風演出がありました。美しいビジュアルとMADムービー風の演出も相まって、まるでRADWINPSの壮大なミュージックビデオのようでもありました。そのため、気軽に見ることができ、かつテンポのいい、気持ち良い作品になっていました。

また、予告編でもMADムービー風の演出が使われていて、これもヒットに貢献したのではないかと思います。RADWINPSの音楽を全力で楽しむことがこの作品の魅力でもあるので、音響が整った映画館でぜひ見てください!

【MADムービー風の演出が使われている予告編】

youtu.be

まとめ

ヒットの要因を作品の内容から分析してみた

①若年層にアプローチできるピュアなラブストーリー
②美しい背景描写とモノローグの削減
③RADWINPSの曲とMAD風演出

おまけ

関連作品もたくさん出ているようです。これらも楽しんでみると感動が増すかも!

小説は非常に評価が高いので、こちらもチェックしたいですね!

小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

 

アナザーサイドという小説も出ており、サブキャラクターを掘り下げている内容になっています。こちらも非常に評価が高いです。

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

 

「君の名は。」という、主題歌4曲と劇伴22曲を収録したアルバムもでています。最高ですね。

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

 

なんとマンガまで。こちらも読みたい。 

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)

 

動画配信サービス「Hulu」では、新海監督の過去作4作品(秒速5センチメートル、言の葉の庭、雲の向こう、約束の場所、ほしのこえ & 彼女と彼女の猫 )を見ることができます。ネット環境があれば2週間無料で今すぐ見ることができますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。