映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

映画マニア必見!世界の名作に特化した映画配信サービス「FilmStruck」がアメリカでリリース!

スポンサードリンク

f:id:creppy:20161106151710p:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

Netflix、Hulu…最近活気付いている動画配信サービス。このブログでは過去にもいくつか記事にしてきました。

SVOD カテゴリーの記事一覧 - 映画ビジネス研究所

今回は、最近アメリカでリリースされた、世界の名作に特化した動画配信サービス「FilmStruck」を紹介しようと思います。

※2016年11月6日現在、日本非対応です

【FilmStruckへはこちらから】

www.filmstruck.com

黒澤明からチャップリンまで!世界のクラシック作品や名作に特化

f:id:creppy:20161106151617p:plain

「FilmStruck」は、Criterion Collection(名作を基準に世界中の映画を発売しているビデオソフトシリーズ)とTurner Classic Movies(米タイム・ワーナー傘下のターナー・ブロードキャスティング・システムが運営する映画専門チャンネル)の連携によるサービスです。そのため特徴は、世界の名作に特化した動画配信サービスである、ということです。

THE WEEKによれば、作品数は1,100を超え、英語以外の言語の作品の方が多いとのこと。これは新しい。

 

f:id:creppy:20161106153017p:plain

こちらの画像はラインナップの一部です。ジョン・ウェインの「駅馬車」、チャップリンの「サーカス」、松本大洋原作の「鉄コン筋クリート」、北野武の「座頭市」、そして黒澤明監督の「七人の侍」まで、伝説的なクラシック作品や往年の名作が目白押しのラインナップになっています。

黒澤監督に至っては、「FilmStruck」の公式紹介ムービーにも名前入りで登場したり、公式ブログでも紹介されています。これは嬉しい。

f:id:creppy:20161106154140p:plain

※「FilmStruck」の公式紹介ムービーにて、名監督として紹介される

f:id:creppy:20161106154151p:plain

※撮影風景の写真まで紹介されています

f:id:creppy:20161106154944j:plain

※公式Facebookでもバッチリ紹介

 

また、既存のVODサービスでは、各作品の紹介は省略されがちですが、「FilmStruck」では名作が集まるサービスだけあって、各作品の紹介もしっかり書かれています。これは映画ファンとしては嬉しいですね。

f:id:creppy:20161106154851p:plain

 

また、NetflixやHuluのように個々の作品をただ並べているだけではなく、Webメディア風に様々な特集ページを設けているのも特徴の一つ。たくさんあって何を観ればいいか分からない人にはうってつけのコンテンツです。

f:id:creppy:20161108215825p:plain

※左からジョージ・バーナード・ショー原作の作品特集、黒澤明特集、古典インド映画特集、食べ物を考える映画特集と濃いモノばかり!

 

さて、気になる料金ですが、3種類のプランから選ぶことができます。

f:id:creppy:20161106155142p:plain

「FilmStruck」の作品のみ見るプランは月額6.99ドル(約720円)、さらに多くの作品が見られるプランだと月額10.99ドル(約1,140円)、お得な年間契約プランもあります。値段としては、Netflixが一番安いプランで月額7.99ドル(約820円)なので、「FilmStruck」の作品のみ見るプランだと少し安いです。ただ、作品数が意外と少ない可能性もあるので、そこは要注意ですね。ちなみに2週間無料キャンペーンもやっています。

 

まとめ

・FilmStruckは名作映画に特化しているため、映画マニア必見のVODサービスである
・黒澤監督はかなりプッシュされている
・金額は本数次第では安いかも