読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

自己紹介と私がブログを書く理由

スポンサードリンク

f:id:creppy:20170216223941j:plain

自己紹介

初めまして、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

地方の理系大学院を卒業後、新卒で映画会社を目指すも失敗。とりあえず映画に関わる会社に入ろうと考えて、東京の映像制作会社に就職。しかし、入社してすぐに映画事業が消滅することが決定し、8か月で転職。今はエンタメ関係の会社でディレクターとして働いています。

 

女の子(のちの母)との初デートでスタローンの「コブラ」をチョイスするアクション映画好きの父の影響で、2歳からジャッキー・チェンやシルベスター・スタローン等が主演するアクション映画を見始め、26歳の今までひたすらアクション映画を見まくってきました。22歳からはアクション映画に特化にした人間になるため、アクション映画以外は基本的に見ないようにしています。

 

特に、実際に武術や格闘技の経験のあるアクションスターが出演する「本格アクション」が大好きで、年間100本程度鑑賞しています。また、本やネットでの情報収集も欠かしません。同世代ではトップクラスの知識と情熱を持っていると自負しています。

 

ブログを書く理由は「映画業界に転職したいから」

ブログは映画ビジネスについての記事を中心に書いています。理由としては、映画業界に転職する際の実績を作るためです。

新卒では映画業界を目指して就活を行いましたが失敗、現在求人が出れば随時応募していますが、映画業界の求人自体は少なく、職種経験者のみの募集がほとんどです。

 

そこで、映画ビジネスに関するブログを書いていれば、常にビジネスについて考え、アウトプットしていることをアピールでき、他の応募者と差別化できると考え、ブログを書き始めました。

 

現在は、受託制作の会社に勤めており、自分の手でエンターテイメントを発信しているという実感がありません。まずは、コンテンツを製作する側になり、優れた作品をより多くの人に届けたいと考えています。

最終目標は、私の憧れである80〜90年代に活躍したアクションスターの方々と一緒に仕事をすることです。あなたたちのおかげで、私は今この場所にいて、それが最高に幸せだということを伝えたいです。

 

最近注目の若手アクションスターは、「ドイツのジャン=クロード・ヴァン・ダム」ことマティス・ラントヴェアーです。

よろしくお願いします。

お問い合わせはこちらから

ご質問・お問い合わせ、映画・映像業界の就活等のご相談にも回答します。お気軽にどうぞ。

お問い合わせ【映画ビジネス研究所】