読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

アクション映画が3倍楽しくなる銃の豆知識まとめ

アクション映画 オススメ作品紹介 ネタ
スポンサードリンク

f:id:creppy:20160801000448j:plain

はじめに

みなさんはアクション映画を鑑賞する際、登場する銃を意識して観ていますか?

銃のことを理解した上でアクション映画を観ると、何気ない動きや演出がとても合理的に見える瞬間があり、アクション映画がいつもよりちょっとだけ楽しくなります。

今日は知っているとちょっとだけアクション映画を観るのが楽しくなる銃の豆知識を紹介します。

「マグナム」は銃の名前ではなく弾の名前

f:id:creppy:20160801000620j:plain

※ 「ダーティハリー」でクリント・イーストウッドが使用した「S&W M29」

ゲームやマンガ等でよく見る6連発の拳銃。こういう銃をまとめて「マグナム」と呼ばれることが多いですが、基本的には「マグナム」という名前の6連発の銃は存在しません。実はこれ、「マグナム弾」という弾を発射できる銃というだけで、正式な名前は別にあるんです。

◼︎マグナムと呼ばれるようになった理由

なぜマグナムと呼ばれるようになったかというと、諸説ありますが、映画「ダーティハリー」でクリントイーストウッドが、「44マグナム弾」を撃てる銃「S&W M29」のことを「44マグナム」と呼んだのが要因と言われています。

f:id:creppy:20160801000832j:plain

※劇中では "this is a 44 magnum, the most poweful handgun in the world, and would blow your head clean off." (この銃は、世界一強力な44マグナムだ。お前の頭なんかきれいに吹き飛ばせる。)というセリフが登場する。

S&W M29は元々大型獣を狩猟するハンターのサブウェポンとして開発されたもので、あまりにも強い、44マグナム弾の発射反動・発射音・発射炎が嫌われたため、売上はあまり良くありませんでした。しかし、「ダーティハリー」の登場で人気が爆発!新型のステンレスモデル等を製造するまでになりました。

リボルバーにサイレンサーをつけても音は消えない

f:id:creppy:20160801001334j:plain

よくマンガとかでサイレンサーをつけて銃を撃つシーンがありますが、あれをリボルバーでやっても実は音はあまり消えません。というのも音が発生するメカニズムと大きく関係しています。

銃の音が発生するのは大きく以下の3パターンです。

①弾丸が音速を超えた際に生じるソニックブーム
②燃焼ガスが銃口から放出される際に発生する破裂音
②銃口以外の箇所から放出される際に発生する破裂音

サイレンサーがカバーできる部分は①と②だけなのです。

リボルバーの場合、発射機構が露出しており、シリンダーの間から大量にガスが放出されてしまいます。そのため、サイレンサーをリボルバーに装着しても、シリンダー部分から放出されるガスの放出音を防ぐことができないのです。

◼︎サイレンサーを使用できる特殊なリボルバー「ナガンM1895」

ちなみに、それを防ぐための機構を搭載した「ナガンM1895」という銃もあります。

f:id:creppy:20160910111515p:plain

※サイレンサーを装着することで消音できるレアなリボルバー「ナガンM1895」

「ナガンM1895」はハンマーをコックすると、シリンダーが回転するとともに前進して、バレルとシリンダーの隙間をふさぎます。また、使用する7.62mmナガン弾が特殊なもので、発砲時には薬莢が押し広げられ、バレル後端に密着してシーリングを完全なものにします。これによって燃焼ガス漏れが解消できるのです。

また、ガス漏れが解消できることで、弱い弾丸でも比較的威力を落とさずに発射できるというメリットもあります。

 

ショットガンの先を切って銃身を短くするのは実は有効

f:id:creppy:20160801002657p:plain

映画とかでよくみる、やたら銃身短いショットガン。「ソードオフ・ショットガン」と呼ばれています。作り方はとてもシンプル。以下のようにショットガンをぶった切るだけです(のこぎりとかで雑に切ったりする)。北斗の拳でジャギを持っていたやつですね。

f:id:creppy:20160801003939j:plain

※ソードオフ・ショットガンの作り方

これは自分で切ってあえて短くしているんですが、実は理由があります。秘密はショットガンのバレルの構造にあります。

ショットガンのバレルの断面は以下のような形になっています。

f:id:creppy:20160910112909j:plain

射出口に向かって口径が狭くなっていることがわかります。こうすることで、拡散しようとする弾丸をセーブし、ある程度散弾が固まった状態で発射できるようにして、有効射程距離をある程度確保しているのです。

◼︎銃身を短くするメリット

銃身を短く切ってしまうとどうなるか。散弾がより早く拡散するショットガンができあがります。

f:id:creppy:20160801003645j:plain

※一般的なショットガンとソードオフ・ショットガンの弾丸の拡散イメージ

ソードオフ・ショットガンは銃身が短い&拡散しやすいため、接近戦を想定した戦いでよく用いられます。というのも、弾丸が拡散しやすいため、近距離でも敵の全身に弾丸を叩き込むことができます。また、銃の大きさ自体がコンパクトになるため、障害物が気になる屋内でも、銃が引っかかったりすることなく、動きやすいというメリットもあります。

荒くれどもがよく使用しているイメージのソードオフ・ショットガンですが、乱戦が多い荒くれ者たちにピッタリの武器だったようです。

 

◼︎参考資料

 

カラー詳解 ヒーローたちのGUN図鑑

カラー詳解 ヒーローたちのGUN図鑑

 

 

[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)

[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)

 

  

図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)

図解 ハンドウェポン (F‐Files No.003)