映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

【新卒・転職】凡人の俺がITベンチャーに転職して感じたメリット・デメリット

スポンサードリンク

f:id:creppy:20160618230125j:plain

はじめに

私は大学卒業後、新卒でテレビ番組制作会社に入社し、8ヶ月で退社してITサービスの提供やITを利用したクリエイティブ制作を行うベンチャーに転職しました。

私は非エンジニアですし、特に学生時代で実績として誇れるようなものもない普通の学生でした。そんな私が、設立3年のベンチャーに飛び込んでみて感じたベンチャーで働くことのメリット・デメリットをまとめようと思います。

ベンチャーで働くメリット・デメリット

f:id:creppy:20160618232251j:plain

【メリット】

・個人の裁量が大きく、自由にできる
・意欲があれば幅広く業務を担当できる
・意思決定のスピードが速い
・経営者との距離が近いため、経営を学ぶことができる

ベンチャーは基本的に人手不足であることが多いです。そのため、いきなり本格的な業務に携わることができ、個人の裁量が大きく、比較的自由に仕事ができます。

能力があればいきなり新規事業担当に抜擢、という可能性も大いに考えられます。そこまでいかずとも、有用なアイディアは新入社員だろうがベテランだろうがすぐに取り入れられます。

 

私がいる会社の場合、入社1ヶ月で1人前とみなされ、以降は基本的に自分の裁量で仕事ができます。先輩に頼まれた仕事をする、ということは基本なくなりました。週1回の進捗確認の会議で報告するくらいです。

また、経営者がすぐ近くにいる、というのも大きなメリットです。経営コンサルタントとして有名な大前研一さんの名言で、以下のようなものがあります。

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

 大企業であれば会社内でつきあう人といえば、年齢の近い先輩や後輩になるでしょう。しかし、ベンチャーの場合は、経営者と容易にコミュニケーションをとることができ、自分の成長を加速させることができます。

【デメリット】

・研修制度や福利厚生が充実していない
・残業代やボーナスはでないことが多い
・即戦力が求められる

ベンチャーは大企業と比べると設立してから年数もあまり経っておらず、規模も小さいので、福利厚生があまり充実していないことが多いです。裁量労働制で残業代もありませんし、ボーナスも業績次第、と書かれていてもおそらく出ることはないでしょう。もちろん研修制度なんてありません。いきなり現場投入で働きながら慣れていきます。そのため、即戦力を求めているベンチャーが多いです。

 

私がいる会社の場合、裁量労働制なので残業代という概念自体が存在しません。ボーナスもありません。福利厚生は保険や年金、あとは交通費がでるくらいで、住宅手当等の手当はありません。即戦力が求められているかというと、そこまでではなくて、業界経験者優遇くらいです。ヤル気と基本的な考え方やPCスキルがあれば問題ないです!私がそうだったので!笑

【ベンチャーに向いていない人】

・主体性がなく、与えられたことしかできない
・向上心がない

ベンチャーは自分で考えて行動することが求められます。そのため、与えられたことしかできない人には苦しい環境です。ただ、もちろんベンチャーとはいえ全員が主体性があるかといえばそうではありません。ですが、ベンチャーでは年功序列で給料があがることはありません。目に見える実績を重ねる必要があります。そのため主体性がない人人はあまり評価されにくいです。

また、仕事に対して情熱を持っている人が多いので、業務に対して高いモチベーションで取り組むことができない場合、話についていけず浮いてしまうかもしれません。

 

でも私の場合、別に即戦力でもありませんし、めちゃめちゃ主体的かというとそうではありません!なんとかなります!僕の場合は、とにかく足りない実力はヤル気でカバーしていました!どれだけ苦しくてもグチは言わず、仕事を自分のキャパシティのパンパンまで詰め込んで、それをこなすためにひたすら残業していました笑。それによって、仕事があまりできなくても、「まあアイツ頑張っているから・・・」というポジションを築くことができました笑。

できたばかりのスタートアップならともかく、ある程度安定しているベンチャーでは、全員が優秀でモチベーションが高い、ということはありません。「ベンチャーだと仕事できる人しかいないんだろうなあ・・・」と過度にビビる必要はありませんので安心してください。

※ただし大企業と比較するとヤル気がある人が多いです

まとめ

・自分でゴリゴリ仕事を進めたい人にはベンチャーはオススメ
・ただし実績がつくれなければ給料はあがらない
・残業代やボーナス、充実した福利厚生は望めない
・ベンチャーでも全員がめっちゃ優秀でヤル気あるわけではないのでビビりすぎる必要はなし