映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

「toio」と「ベイブレード」の共通点から考えた、ヒットするおもちゃの法則

f:id:creppy:20170618182032j:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

ソニーが先日、子どもたちが学んで遊べる新作おもちゃ「toio」を発表しました。メディアにもかなり取り上げられ、ニュースにもなっていました。

【toioのスペックや使い方についてはこちら】

「toio」の何が凄いかというと、ロボットとコントローラと独自センサ技術によって、今まで子供が想像で命を持たせていたものを、実際に動かせるようにしたことだと思います。

加えて、カートリッジを変更することで、動きにも幅をだすことができ、なんとレゴとの協力により、レゴを組合せて遊ぶこともできるそう!

このニュースを見て、大ヒットはしないけど、高所得者層がリピーターになりそうだなあ、と感じつつ、そもそもヒットするおもちゃとは何ぞや?ということについて考えて見ます。

※今回は男児向け玩具のお話です

伝統的な玩具を現代風にアップデートするとヒットする!?

f:id:creppy:20170618190203j:plain

※「日本おもちゃ大賞2016」を受賞したベイブレード「ビクトリーヴァルキリー.B.V」

ヒットするおもちゃには、ざっくりわけてIP系(仮面ライダーや妖怪ウォッチ、遊戯王)、テクノロジー系(Robi jr.やナノファルコン)、王道おもちゃ系(ベイブレード、ミニ四駆)の3つに分かれそうです。

その中で、私はヒットするおもちゃについて1つの考えを持っています。それは、伝統的な遊びやおもちゃを現代風にアップデートしたおもちゃはヒットする、という『ベイブレード理論』です。

続きを読む

LINEそっくりのチャット型小説アプリ「HOOKED」がアメリカの10代でブームに

f:id:creppy:20170618150453p:plain

Youtubeに広告を大量投下しているチャット型小説アプリ「HOOKED」

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

スマートフォンの普及により、隙間時間で楽しめるコンテンツが好まれるようになり、あらゆるコンテンツがマイクロ化し始めてきています。

そして、ついに小説にも新しい形式が生まれました。

それが「チャット型小説アプリ」です。

今回はいくつかある「チャット型小説アプリ」の中でも、最近日本語版をリリースし、Youtube広告が話題になった「HOOKED」を紹介しようと思います。

 【HOOKEDの無料ダウンロードはこちらから】

HOOKED - Chat Stories

HOOKED - Chat Stories

  • Telepathic, Inc.
  • ブック
  • 無料

読者が他人のLINEのやりとりを覗き見するイメージのアプリ

f:id:creppy:20170618153531p:plain

※HOOKEDの画面。タップする毎に吹き出しが出てきて話が進行する。ほぼLINE

上の画像は、実際に「HOOKED」を利用した際の画面。ほぼLINEと同様のUIでチャット形式で会話が進行します。登場する人物の会話を通して、ユーザーは物語を楽しめるようになっています。

最近日本語版がリリースした「HOOKED」ですが、実はアメリカのティーンエイジャーに人気だそうで、AppStoreランキング1位にもなったそう。

なぜそこまでヒットしたのか、考察していこうと思います。

続きを読む

【レビュー】ドニー・イェン VS マックス・チャン!!元世界チャンピオンのマイク・タイソンも参戦した傑作「イップマン 継承」

 

f:id:creppy:20170429232240j:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

日本でのドニー・イェンブームのきっかけとなった傑作「イップ・マン」シリーズの最新作「イップ・マン 継承」が絶賛公開中です。

イップ・マンのライバルの詠春拳使いには「ドラゴン×マッハ!」で世界中のアクション映画ファンを唸らせたマックス・チャン!元ボクシング世界チャンピオンのマイク・タイソンも友情出演するとのことで、アクション映画ファン界隈では、早くも絶賛の声があがっています。

 

 

早速、新宿武蔵野館で観て来たので感想をまとめていきます!

続きを読む

今週気になった映画・エンタメ業界ニュースまとめ #5

f:id:creppy:20170416220306j:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

最近更新をサボっていたので、更新止まっていた期間で、気になった映画・エンタメ業界にニュースをまとめていきます。

米軍が標準仕様の拳銃として採用してきた「ベレッタM9」が引退

アクション映画御用達で、アメリカ軍に正式採用されている「ベレッタM9(日本ではM92と呼ばれることが多い)」が引退することになったニュース。

ベレッタM9といえば「ダイ・ハード」「ミッション・インポッシブル」等様々なアクション映画に登場した名銃ですが、今後はシグ・ザウエル社の「P320」に変更されることになりました。

続きを読む

【レビュー】CGで誤魔化すアクション映画にはもう飽きた!日本発ガチンコ空手アクション「KARATE KILL/カラテ・キル」

f:id:creppy:20170415122320j:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

「女体銃 ガン・ウーマン」で日本発アクション映画の可能性を見せてくれた光武蔵人監督、空手師範かつ国内トップクラスのパルクールコーディネーターであるハヤテ主演のアクション映画「KARATE KILL/カラテ・キル」を鑑賞しましたので、感想を書いていきます。

【「女体銃 ガン・ウーマン」のレビューはこちら

なんと、監督自らtwitterで紹介してくれました!(宣伝) 

 

続きを読む

【レビュー】体内に拳銃を隠した全裸の美女暗殺者!?「女体銃 ガン・ウーマン」

f:id:creppy:20170313005104j:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

日本におけるカルト映画の第一人者(と僕が勝手に思っている)光武蔵人監督、「片腕マシンガール」などのバイオレンス・アクション映画で活躍している亜紗美主演によるアクション映画「女体銃 ガン・ウーマン」を鑑賞しましたので、感想を書いていきます。

映画概要

あらすじ

大財閥の息子・浜崎に妻を殺された男“マスターマインド”は、復讐だけを誓い生きていた。やがて、彼はひとりの女の命を金で買い、暗殺者へと育て上げるのだった。壮絶な特訓の果てに射撃と格闘術を叩きこまれた女――マユミは、おぞましい快楽を貪る浜崎を討つべく、難攻不落の陸の孤島“The Room”に潜入する。体内に埋めこまれた銃だけを武器に…。

予告編

続きを読む

今週気になった映画・エンタメ業界ニュースまとめ #4

f:id:creppy:20170313002324j:plain

はじめに

こんにちは、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

今週気になった映画・エンタメ業界にニュースをまとめていきます。

テレ朝、土・日曜も大型ニュース番組開始で「日曜洋画劇場」は完全消滅

春の番組編成で「日曜洋画劇場」が消滅することに。「日曜洋画劇場」といえば、1966年にスタートし、故・淀川長治さんの「さよなら、さよなら」の名ゼリフでおなじみの番組。

子供の頃は9時になるのをワクワクして待っていた記憶があります。昔は、映画のテレビ放映は無料で映画が見られる貴重な機会でしたが、最近ではGYAOやAbema TVでスマホがあれば誰でも映画を見ることができます。

これも時代の流れとはいえ、少し寂しいです。

 

続きを読む