映画ビジネス研究所

映画についてビジネスの観点から考察するブログ

マンガ『四月は君の嘘』の魅力分析とアニメ化のメリット・デメリット

f:id:creppy:20171103142819j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

2012年マンガ大賞ノミネート、2013年講談社漫画賞少年部門を受賞した、新川直司先生の人気マンガ『四月は君の嘘』。アニメ化、実写映画化までされた人気作です。

私はもともと新川先生の作品が大好きで、『四月は君の嘘』以外にも『さよならフットボール』、現在連載中の『さよなら私のクラマー』もコミックスを集めています。

そんな私が『四月は君の嘘』のアニメを見まして、アニメ化にはメリット・デメリットがあるな〜と感じました。そこで今回は、マンガ『四月は君の嘘』の魅力を分析し、それがアニメ化によってどう変化したかを考察していきます。

※本エントリーはアニプレックスソニーミュージックグループ)を受験するために考えた内容をブログ化しました。しかし落ちてしまったので、これを読んで素晴らしい!と思ったアニプレックスの社員さんは、ぜひ僕をアニプレックスに入れてください(白目)

続きを読む

案件が炎上したときにやるべき5つのこと

f:id:creppy:20171026010143j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

私は普段、ソシャゲ用イラスト制作を行うベンチャー企業でディレクターを務めております。いわゆる受託の制作会社です。

制作会社で避けては通れないのが「案件の炎上」ですよね。炎上した案件を消化するために人を追加してさらに混乱して…つらいですよね

そこで、今回は案件が炎上した際にやるべきことを整理しました。

ソーシャルゲームイラストの例で書いていきますが、業界問わない汎用的な問題解決手法として使えると思います。

続きを読む

99%の制作会社はサービス力を磨け!

f:id:creppy:20170918151637j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

私は普段、ソシャゲ用イラスト制作を行うベンチャー企業でディレクターを務めております。いわゆる受託の制作会社です。

さて、制作会社はそれこそ大小星の数ほどありますが、最近どうやって他社と差別化するか?ということについて考えるようになりました。

自分で調べるうちに、世の中の99%の制作会社は差別化のためにサービス力を磨くべきだ!という結論に達しました。

今回は、なぜ99%の制作会社はサービス力を磨くべきなのか?ということについて書いていこうと思います。

 

続きを読む

『君の名は。』のプロデューサー川村元気氏が語る企画術

f:id:creppy:20170918130749j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

少し前に、『君の名は。』のプロデューサーである川村元気さんが登壇するイベントに参加しまして、そこで川村さんの企画に関するお話を聞くことができました。

今回はそのお話をベースに、ヒットメーカーである川村さん独自の企画術について書いていこうと思います。

 

続きを読む

集英社は公式ネタバレサイトを運営したら儲かるんじゃない?

f:id:creppy:20170917212406j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

先日、人気漫画「ワンピース」の最新作の内容を発売前にインターネット上のいわゆる「ネタバレサイト」で公開したとして、犯行グループが逮捕されました。

www.huffingtonpost.jp

注目すべき点は、その広告収入です。

県警は、堀田井容疑者らが14年9月以降少なくとも約3億500万円、上原容疑者らは12年5月以降約7400万円の広告収入を得ていたとみている。

 かなり金額に開きがありますが、14年9月以降で約3億500万円とすると、月850万円程度でしょうか。毎月PS4が200台買えるレベルのようです。

このニュースを見て、これだけ広告収入が発生するってことは、それだけアクセスがあるってことなので、同じようなことを集英社が公式でやれば儲かるんじゃね?と思ったので、少し考察してみようと思います。

続きを読む

『HiGH&LOW THE MOVIE』と『RE:BORN』を観て日本発アクション映画の未来を考えた話

f:id:creppy:20170910222756j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

私は年100本以上アクション映画を観るほどアクション映画が大好きです。アクションはどうしても海外映画の方がクオリティが高いことが多いので、観るのは海外作品が多いです。

しかし、最近日本のアクション映画を2本観て、その日本映画離れしたアクションに衝撃を受けました。その作品は『HiGH&LOW THE MOVIE』『RE:BORN』です。

この2本は、海外に比べて資金や環境で劣る日本のアクション映画が、今後どういう方向で進んでいくべきかという問いに対して、1つの答えを提示してくれました。

今回は日本発アクション映画の未来について、書いていきます。

続きを読む

映画館の空席率を調査したら約85%だった件

f:id:creppy:20170820144324j:plain

はじめに

こんにちわ、胆石クラッシャー(@ev20405)です。

劇場鑑賞が定額見放題のサービスMoviePassが月額30ドルの料金を、通常の入場料並みの9.95ドルに引き下げることを発表しました。

このニュースで先週アメリカ映画業界に激震が走りました。新たな料金プランでは、

月9.95ドルで毎日1本映画を観ることが可能になります。安い!

animationbusiness.info

3D映画、IMAXは含まれず2Dのみですが、鑑賞する時間、作品や劇場に制限ありません。MoviePassの契約する劇場は米国の映画館の91%をカバーしています。つまり、一般的な映画館のほとんどで、1日1本映画を月10ドル以下で楽しめることになります。

これは衝撃的なニュースですね。月2本映画を観ればほとんど元が取れるわけですから、映画ファンは利用しない手はありません。

続きを読む